ブルーライトの影響で新たな市場が・・・

こんにちわ、KIKIです。

最近、友達に誕生日プレゼント何がいいか聞いた(サプライズする気ゼロ)ら、「ブルーライト用のメガネ」って言われました。

ブルーライトは前々から知っていましたが、そんなに影響あるのかな?と思っていました。

しかし、先日MBSニュースで、今子供たちの間で「IT眼症」になっている子が増えているというニュースを見つけました。
「IT眼症」って初めて聞いたので調べてみることにしました。

IT眼症・・・最近のテレビゲームとかパソコンなどを含むさまざまな情報機器を長時間または、不適切に使用することによって生じる目の病気、およびその状態が誘引となって発症する全身症状

視力の低下だけではなく、気分が悪くなったり、吐き気や目まいも起こすそうです。

今は、小さい子でもスマホやタブレットをすぐに扱えますからIT眼症になる子が多いのでしょうね!

MBSニュースで子どもの「IT眼症」が取り上げられる

このIT眼症でなんとJINSという眼鏡屋さんのある商品が、今爆発的に売れている。
それが「キッズメガネ」。

子供用に作られたこのメガネはブルーライトを遮断して、IT眼症から予防してくれます。

外に出かけた時や家の中で子どもが騒ぐときなどに、スマホやタブレットを渡しておとなしくさせる親御さんも多いことでしょう。
最近のゲームは映像がリアルになってきたので、それも目に負担をかけるそうです。

この今までにない市場にいち早く商品を投入したJINSはすごいなと思いました。

JINSの「キッズメガネ」売り上げが上がる

このIT眼症でなんとJINSという眼鏡屋さんのある商品が、今爆発的に売れている。
それが「キッズメガネ」。

子供用に作られたこのメガネはブルーライトを遮断して、IT眼症から予防してくれます。

外に出かけた時や家の中で子どもが騒ぐときなどに、スマホやタブレットを渡しておとなしくさせる親御さんも多いことでしょう。
最近のゲームは映像がリアルになってきたので、それも目に負担をかけるそうです。

この今までにない市場にいち早く商品を投入したJINSはすごいなと思いました。

便利になると弊害が起きる。

今回のニュースは、便利になってきた裏には必ず弊害が出てくるのだなと改めて感じさせられました。

これからはAI技術の発展がさらに加速して、身の回りのことがもっともっと便利になってくるでしょう。

しかし、それと同時に様々な弊害が起こることも予測しなければいけません。

今までなかった市場が登場する

また、その弊害が起きることによって新たな市場が生まれるという事も覚えてい置いた方が良いですね。

これまでにあまり注目されていなかった市場にいち早く参入する事は、アフィリエイトでもとても大切なことです。

様々な情報を入れることで、いち早く反応できるようになりますからね!

子供がスマホやタブレットを使う ⇒ ブルーライトがIT眼症の原因に ⇒ 子供たちの目が悪くなる ⇒ 子供用のメガネが売れる

この公式が瞬時にはじき出されるかそうでないかでは、結果に大きく違いが出てきます。

それでは・・・

 

 

 

応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください