なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?の書評

 

 

こんにちわ、KIKIです。

今日は最近読んだ本で面白かったので1つご紹介します。

 

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

すごく魅力的なタイトルで引き付けられて読んでみました。

 

芸術家の名前がタイトルに入っていますが、お金について書かれた本です。

タイトルの2人の芸術家はどちらも有名ですよね。

 

絵に詳しくない人でも知っている2人。

しかし、ゴッホは生涯で売れた絵はたったの1点だけ。

一方ピカソは遺産の総額が7500億円もあったそうです。

ピカソはお金の本質について理解していたので、独特の絵の販売方法やお金の使い方でこれだけの遺産を残すことができました。

 

ぜひ、おすすめなので読んでみてくださいね!

この本を書いた『山口揚平』に興味を持ったので、もう1冊この作者の本を買いました。

読み終わったらそちらも紹介しますね!

 

それでは・・・

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です