芸能人の給与形態は労基に引っかからないの??

こんにちわKIKIです。

先日テレビで今話題のピン芸人「ブルゾンちえみ」が先月の給料が5,000円と公表して話題になりました。

 

ブレイクしたのが最近なんで、
今後の給料には反映されるのでしょうが、
売れる前の芸人さんって給料が安いというエピソードをよく聞きますよね??

 

でも、これって労基(労働基準法)的には大丈夫なのっと思って調べて見ました。

 

給料が安いと聞く吉本興業

芸能人の給料が安いとしてよく名前が上がる事務所「吉本興業」

 

全然売れない時代は数千円や数百円なんて話も聞きます。

 

芸能事務所によっては給料制のところもあるようですが、
歩合制のところでは、会社側と芸能人との取り分が事務所によって様々なようです。

 

一番安いのは「吉本興業」で取り分は、
芸能人1:会社9だそうです。

 

ピースの綾部が番組で公表したらしく、
10万円の仕事を行った場合、
自分たちが1万円
会社が9万円 だそうです。

 

大御所になると、
また変わってくるのでしょうが、
なかなかきびしい割合ですよね。

 

その他の事務所では、
浅草キッドが所属する「オフィス北野」では、
芸能人7:会社3

 

「太田プロ」では、
芸能人6:会社4
これは芸人の土田が頑張って事務所と交渉した結果だそうです。

 

おぎやはぎの矢作が交渉を頑張ったと言われる「人力舎」は、
芸能人5:会社5 でこちらも良心的な事務所と言われています。

 

ブルゾンちえみの所属する「ワタナベエンターテイメント」は、
芸能人3:会社7 と言われています。

 

こう見てみると、吉本興業のギャラの低さがすごいですね!ww

 

給料の安い芸能人、労基は大丈夫なの??

吉本の割合を見ると、
月に数千円の芸人さんもいる事が頷けます。

 

しかし、月に数千円という状況は労基(労働基準法)的には大丈夫なんでしょうか?

 

最低賃金なんかを無視している状況じゃないの?
と思ってしまいますが・・・

 

しかし、これはセーフなんです。

 

歩合制の芸能人の場合、会社と雇用関係(社員)で無いことがほとんどで、
最低賃金や労働時間や有給休暇が決められている「労働者」ではなく、

 

専属の下請け業者として扱われています。
事務所に所属という形をとり、
マネジメントをしてもらうという形だそうです。

 

つまり、芸能人はサラリーマンのような雇われている雇用形態ではなく、
フリーで仕事をしているということなので、
労基が適用されるわけではないという事なんです。

 

 

まとめ

芸能人はサラリーマンと違い、
フリーで活躍するので労基が適用されません。

 

人気があれば、給料も多くなりますが、
人気が無ければ、単価も安く、
仕事もありません。

 

吉本興業は単価は安いですが、
事務所として大きいので、

 

仕事がもらえる機会が増えてきます。

 

最近のテレビを見ていると、
吉本興業の所属タレントが頻繁に画面に出ていますよね?

 

ギャラは少ないけど、吉本興業に所属していると、
それなりのメリットがあるのかもしれませんね。

 

 

 

それでは・・・

 

 

写真 2016-07-21 0 59 00よろしければ、クリックお願いします↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です